スポンサーサイト

この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

『女の子ものがたり』の試写会

深津絵里主演の「女の子ものがたり」に関する最新ニュース!!
素敵なことがあったようです。

以下、(深津絵里、人気漫画家・西原理恵子を前に「出会えてよかった」(@ぴあ) より引用)

深津絵里、人気漫画家・西原理恵子を前に「出会えてよかった」(@ぴあ)

『毎日かあさん』『いけちゃんとぼく』など、作品のアニメ化、実写化が続く人気漫画家の西原理恵子の自叙伝的漫画を映画化した『女の子ものがたり』の完成披露試写会が22日、都内で行われ、主演の深津絵里らが舞台あいさつを行った。

舞台あいさつの写真

女の子が純粋な気持ちや大人になることへの不安を、優しい眼差しで描く本作。深津はスランプに陥り、昼からビールを飲むようなダメダメな日々を送る漫画家を演じている。“大人になった主人公”という原作にはない役どころだが、深津は「(原作を)読んだ時に心の底が刺激されて、出会えてよかったと思った。原作で感じたことを伝えるのが私の役目だと思ったので、あまり深いことは考えずにやりました」とコメント。原作の西原も「私の作品が第三者によって新しい作品になることはうれしくて仕方ないです」と完成を心待ちにしていたようだ。また、大勢の“女の子”が出演しているにもかかわらず「主に共演したのは深津さんと犬だけでした」と少々ガッカリ気味の福士誠治は、「“女の子の話”といっても、自分が小さい頃に感じた感覚がしっかりと描かれているので、男の人にもオススメです」と作品をPRした。

子供の頃の夢を思い出しますね。

最後に、映画のワンシーンにちなみ、“自分が小さい頃になりたかった夢”をそれぞれ発表し、タイムカプセルに入れた出演者たち。主人公の少女時代を演じた大後寿々花らが“バレリーナ”、“ペットショップの店員”というかわいらしい夢を発表する中、深津は「とにかく早く大人になりたいと思ってた。今でも大人がどういうものなのかよくわかんないんですけど」とちょっとオトボケな回答。また、「絵描きさんになりたい」という夢がかなった西原に対し、森岡利行監督は「漫画家になりたい」という夢が挫折していたことを告白。「西原先生が描かれているのは、ツラいことも、苦しいことも笑っちゃえ、人生を楽しめ、と言ってくれるような漫画。この漫画で感じたことを、お客さんにも感じてもらえれば」と語った。

『女の子ものがたり』
初秋、渋谷シネクイント、シネカノン有楽町ほか全国ロードショー

引用はここまでです。

ラジコン src | ラジコン 走行 | ラジコン ヘリ 室内用 | ラジコン ディーゼルエンジン | ラジコン ccb |

見に行こうと思っています。
テクノラティプロフィール

| 『女の子ものがたり』の試写会 | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |